FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天魔王 第二話「婚姻」

「クレフ、ただいま王の命を果たし、帰還致しました!」
ここは、オースの街の城。
クレフが王の間でクライスに討伐完了の報告をしている。
クライスの隣には王女であるソフィアも一緒に報告を聞いている。
「クレフよ。よくぞ魔王を討伐してくれた。いくら礼をいっても足らんくらいだ。褒美は望むままに与えよう」
「いえ、クライス様。私は命に従ったまでです」
「なんという謙虚な態度だ。そうだな……」
クライスは少し黙って考えた。
「そうだ!では、おぬしをこのソフィアの婚約者にしよう!」
「ええっ!!?」
いきなりのクライスの発言にクレフは驚きを隠せないで、慌てふためいている。
「い、いえっ、それは非常に喜ばしいことですが、ソフィア様の意向を無視して話を進めるわけには……」
クレフが慌てているのを尻目に、ソフィアが急に口を開いた。
「私はよろしいですよ」
「ええっ!!?」
クレフはまたも驚いた。
「そうか、ソフィアよ。おぬしも良いのであれば、話は早い。
 よし、決定!おぬしたちは今日から婚約者だ!!」
「それでは、よろしくお願いしますね、クレフ」
ソフィア頬を赤めながらクレフに声をかけた。
「は、はぃ………」
クレフも頬を赤めながらなんとか返事をした。

魔王を討伐したクレフは勇者としてその名を世界中に轟かせており、
このことは瞬く間に天使・人間族に伝わった。
天使族の王女と魔王を討伐した勇者との婚姻発表である。
みながそれを祝福した。




オースの街外れにいる一人を除いて……。


「ほぅ……あのクレフとかいうやつは天使族の王女と婚姻するのか……」
一見普通の人間にしか見えないが、この人間には魔王ガレスが取り付いていた。
「あの王女には、確か面白い力が眠っているはずだったな…」
ガレスは、戦争を起こす前に調べた特殊能力者のリストにソフィアの名があったことを思い出した。
「しかも、天使族に相応しくない能力がな……。ならば……」
ガレスは口元を緩めて考えた。
「クレフへの復讐と私の野望を一気に実現するのにも好都合だしな…」
「あのソフィア王女の身体を、次の私の身体にしようか……ククク……」
そういうと、ガレスは気配を消し、街中へと消えていった。



短いですね。次から本番です。

天魔王 第一話「発端」

ここ、ファルシアは人間族・天使族・魔族が共存している世界。
圧倒的な数で勝る人間族。
不老の能力を持ち、癒しの力『天術』を操ることができる天使族。
力・魔力で他の二種族の追随を許さず、破壊の力『魔法』を操ることができる魔族。
過去数百年に渡って、三種族の間に大きな争いはなく悠久の平和が続くと思われていた。
その平和も10年前の魔族の侵攻によって破られた。
第32代目の魔族の王、魔王ガレスが突然、人間族・天使族の国々に侵攻してきたのだ。
そして混沌と争いが10年もの間、人々を苦しめてきた。
しかし、そこに救世主が現れた。


「魔王ガレス、覚悟!!」
魔王の居城の最も奥、玉座の間で一人の青年の声が響く。
彼の名はクレフ。
人間族だが、天使族の街に住み、その王の命によりたった一人で魔王討伐に旅立った青年である。
彼がたった一人で来たのには理由があった。彼は絶対に負けないのだ。
「なぜだ…!?なぜ、貴様にはどんな攻撃も効かんのだ!?」
魔王ガレスがどのような攻撃を繰り出してもクレフには傷一つ負わせることができなかった。
クレフには『傷つかない』という特殊な力が備わっていた。
ゆえに、相手がいかに魔王であろうとクレフは負けない。
「くそ…!こんな人間がいるなどとは信じられん…。私は死ぬのか……?」
魔王ガレスにも様々な特殊能力が備わっているのだが、相手が悪すぎた。
「そうだ。人々を苦しめてきた罪。今、死を以って償え!!」
クレフは剣を振りかざし、魔王へと突き進んだ。
(悔しいが、今はこいつに適わん…。ならば…!!)

ザシュ!!

「く、くそぉ……」
ドサッ…
魔王ガレスはクレフの剣の前に倒れ、その死体は灰の山になった。
「よし!これで、ファルシアは平和になる!一刻も早く、王にお伝えしなければ!」
10年続いた魔族との戦争は、人間族の青年クレフが魔王ガレスを討ち取ったことによって終結した。



クレフが去った後、ガレスの死体からできた灰から黒い塊が出てきた。
「くくく……。やつは私を倒したと思ったようだな。私が取り付いていた身体を消滅させただけだというのに……」
この黒い塊が魔王ガレスの本体だった。
ガレスは『身体を乗っ取る』という特殊能力で、今までより強い身体に移り変わってきたのだ。
しかも、乗っ取った身体の能力・記憶は完全にガレスが扱うことができる。
「こうなったら、より強い能力を扱え、やつに勝る身体を捜すしかないな…」
「しかし、魔族の統率は乱れてしまっているだろうから、適当な身体で天使族や人間族の街にも出向いてみるか」
魔王は自らの野望のため、クレフに復讐するために居城を去った。




場所は移り変わり、ここは天使族の街オース。
天使族の王クライスが治める城の城下町である。
城の前に造られた療養所で、真っ白い羽を持った少女が人間・天使の区別なく治療の天術をかけていた。
「もう少しだけ我慢してくださいね」
少女の名はソフィア。
クライスの一人娘。つまり、天使族の王女である。
彼女は百年に一人ともされるほどの天術の使い手であり、もてる天術で傷ついた人々の治療に携わっていた。
そこへ一人の兵士がやって来た。
「姫!クレフ殿が魔王討伐に成功したとの報告が早馬でありました!!」
「本当ですか!?クレフ殿がやってくれたのですね…!これで誰も傷つかない世界が戻ってきますね」
ソフィアは兵士の報告に涙した。
人々のため身を粉にして尽くすほど、心優しい王女ゆえの涙であった。
「また、クレフ殿もまもなくオースに到着なさるとのことです」
「それでは、私もお城に戻らなければなりませんね。峠は越しましたが、ここの人たちをお願いします」
そういって、ソフィアは療養所を出て、城に戻った。

そして、クレフが帰還した。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。