FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢 第三話「とりあえず…」



「お、俺……!?」
「わ、私……!?」
俺たちは声を揃えて驚いた。
当然だ、目の前に自分がいるんだから…。
「も、もしかして俺たち入れ替わったのか…?」
「い、入れ替わり…!?
 そ、そんな私、こんなのイヤ…!!」
俺が女言葉でイヤイヤと首を振っている。
とても気持ち悪い…。
「と、とにかくもう一度頭をぶつけてみよう。
 そうすれば、元に戻るかもしれないし」
「そ、そうね…」

俺の提案に彼女も賛成のようで、それから何度も頭をぶつけた。
角度や方向も変えていろいろやってみた…。
それでも元には戻らなかった。
「どうしたもんか……、あっ…!?
 そういえば、もうそろそろ時間だ!!」
バスの出発時刻までもう10分しかなかった。
ここからだとギリギリだ。
「急がないと……で、でもこの身体じゃ……。
 そ、そうだ!君が俺の身体で合宿に行って来てよ」
自己紹介も兼ねて、俺は簡単に事情を説明した。

「で、でも、私が免許取っても意味ないんじゃ…?」
「別にいいよ。とりあえずは免許さえあればなんとかなるだろうし…。
 頼む!!!元に戻ったら、お礼は十分にするから!!」
俺はもう土下座しそうな勢いで彼女に頼み込んだ。
「し、しょうがないなぁ……。
 わかったわ、行ってきてあげる。
 ちょっと面白そうだしね。
 そのかわり、私の身体で変なことしないでよ!」
「あ、ありがとう!!
 もちろん何もしないよ!
 一応、後で自分の携帯にメール入れてくれ、返信するから。
 それで近況報告しよう」
「わかった…。それじゃあ、20日間だけ男の身体で頑張ってくるわ」
「恩に着る!!ありがとう!!」

そして、俺の姿をした彼女は駅へ走っていった。
ありがたい、これで俺の就職も何とかなるだろう。
あとは、彼女として20日間頑張らないとな…!!


俺はとりあえず、彼女の家に向かった。
場所は別れる前に聞いていたし、すぐに到着した。
鍵を開け、家に入る。
結構大きな家だ。
「連休中は家族がいないって言ってたから、
 今のうちに家のことを確認しておかなくっちゃな…」

俺は30分ほど、家の中を確認した。
彼女の部屋は二階の奥にあった。
「今の俺は宮下由奈っていう女の子なんだから、この部屋に入るのは当然なんだよな…」
少し戸惑いながらも部屋に入る。

入ってみると、そこは俺が考えていた『今時の女の子の部屋』みたいな感じではなく…
「なんだ、別に普通の部屋だな…」
別に『女の子の部屋』っぽさは感じられなかった。
「だが、かなり綺麗だな。これから20日間はここで過ごすんだよな…」

それから部屋の中を漁った。
別に変な意味はない。
これからの生活に必要だと思ったからだ。
まぁ……下着やらは見てしまったが……。
かなりきわどい下着もあったし、服もたくさんあった。
「かなり金持ちなんだな…。
 でも、これだけの服があると、毎日のファッションが楽しそうだ!」
そう考えると、今の状況も幾分かは楽しめそうだった。

ピロリロリン…ピロリロリン…
携帯が鳴った。
携帯を開けてみる。待ち受けは男ともツーショットだった。
とりあえず、なんだったのか確認したら、メールだった。
自分の携帯ではないので少し時間がかかったが、メールを開けてみると、
彼女、由奈ちゃんからだった。

『言い忘れてたけど、彼氏の隆とは付かず離れずの関係でいてね。
 変なことされるのも嫌だけど、別れるのも嫌だし…。
 とりあえず、連休中は家に来ないと思うから大丈夫。
 こっちも頑張るから、そっちも頑張ってね』

そうか、彼氏がいるんだ…。
付かず離れずか…。
まぁ、男に抱かれるのも嫌だし、ちょうどいいかな。

『わかった。また何か困ったら連絡する。
 そっちは知り合いもいないだろうし、頑張ってくれ』

すぐに返信した。
まぁ、向こうはなんとかなるだろう。
彼女の言う通り、こっちもがんばらないとな…。

ピンポーン!

家のチャイムが鳴った。
困ったぞ、今家には俺しかいない。
出て行って、由奈ちゃんの知り合いとかだったらどうしよう。
いきなり由奈ちゃんとしても演技をしなくちゃいけなくなった。
(よ、よし!頑張ろう!!)
俺は緊張しながらも、張り切って玄関まで行った。

「はーい、どちら様ですか?」
ドアの向こうに立っているだろう人物に声をかける。
(よ、よしちゃんと出来てるな…)
「俺だよ、俺、隆。
 開けて。部活休みになっちゃてさ。
 急に由奈の顔見たくなって」
ドアの向こうに立っているのは、彼氏の隆のようだった。
(な、なにぃ~!?
 連休中は来ないんじゃなかったのか…!?
 どうする、どうする俺。
 彼氏じゃあ、家に入れないのは変だから、入れるしかないのか?)
「わ、わかった。今、開けるね…」
戸惑いながらも、俺はドアを開けた。
そこにいたのは、携帯の待ちうけに由奈ちゃんと二人で写っていた男だった。
(ど、どうしよう…!?)


この隆との訪れが、俺の新しい日々の第一歩だった。





ごめんなさい、全然エロくないですね。
そろそろなんで、ご勘弁を…。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。