FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢 第二話「憂鬱な毎日」



俺の名前は村井祐二。
地方だが一応国立の大学を卒業して、そこそこの企業に就職したのが10年前。
今は33歳。
家族どころか、恋人さえいない毎日を過ごしていた。
このまま適当に毎日を過ごしていくんだなぁ~と思っていた。
でも、平和に過ごせるならそれもいいか……とさえ考えていた。
けれども、そんな考えは脆くも砕け散った。
昨今の不況の影響で、俺はリストラされてしまった。
確かに大した成績も出しておらず、資格もほとんど持っていない俺は格好のリストラ対象だろう。
けれども、俺にも生活がある。
10年間でかなりの貯金はあったので当分の生活には困らないが、仕事は続けなければならない。
俺は当然の如く、就職活動を始めた。

しかし、なかなか決まらない。
やはり資格を持っていないというのが響くのか、どこにも採用されなかった。
そんな毎日が2ヶ月も続いた。

そんなある日、ハローワークに行くと、俺に合った職種の募集があった。
ここの条件は最高だ。
ここで働きたい。
そう思った。
けれども、要:普通自動車免許という欄に俺はため息をついた。
(またかぁ………んっ?)
募集をよく見てみると、採用面接があり、その日付は三週間後だった。
(これなら、合宿とかで免許がとれるんじゃないか……?)
俺は急いで、自動車学校に問い合わせた。
すると、合宿なら20日以内で取得可能とのことだった。
俺は即日合宿への参加を申し込んだ。
ちょうど今日の夕方に出発するとのことだったので、急いで家に帰り支度をした。
(よし、これで免許が取れれば、就職もいけそうだ…!
 そうしたら……ハハハ……)
免許を取るだけなのに、俺は就職のことまで考えてしまっていた。
ふと時計を見ると4:00だった。
合宿へのバスの出発時刻は4:30。
家から駅までそこそこ時間がかかる。
「や、やばい……!」
急いで家を飛び出した。

走ること5分。
駅の近くの住宅街まで来た。
だが、まだまだ走る。
もし間に合わなくなったらお終いだ。
そう考え、周りも見ずに走って四つ角に差し掛かったその時……!!

ドンッ!!

誰かとぶつかってしまった。
(しまった……めんどうだな……間に合うか…?)
かなり頭がふらふらする中も、時間のことを考えていた。
目がチカチカするが、なんとか視界が開けてきた。
(相手が普通の人なら、トンズラするか…?)
相手を見る。
大きなバッグを持った男性だった。
相手もこちらをジロジロと見ている。
よく見ると、相手が手に持っているのは俺のバッグと同じものだ。
(こいつも合宿にでも行くのか…?)
だが、よく見ると靴も服も一緒だ。
(すごい偶然だな…)
さらに目線を上げていくと、顔も一緒だ。
(顔まで一緒とは……すご………!???)
(顔も一緒…!!??どういうことだ!?
 村井祐二はここにいる俺だろ…!)
自分の身体を見てみると、先ほどまでの服とは違っていた。
靴はローファーを履いていて、靴下は黒だった。
なにより、膝や太ももといった地肌が見えていた。
なぜか色白になっていた。
そして、なぜか茶色のチェックのスカートらしきものをはいていた。
(おかしい……)
真下を見てみると、赤いリボンとブレザーと胸の膨らみが見える。
さらに、肩にまで髪がかかっていた。
(こ、これは…もしかして………!?)

これが、俺の新しい日々の始まりだった。

悪夢 第一話「退屈な毎日」


私は暗くて狭い部屋から夜空を見ている。
星が輝き、綺麗な夜空だ。
二年前までなら、そう考えていたことだろう。
今となっては、そんなことを思うこともなくなった。
私が今いるのは刑務所の独房の中。
夜空が見えるのは鉄格子の隙間から。
ここに入ってからまだ一ヶ月。
最高裁まで争った末、禁固15年と言い渡されたので、まだまだ先は長い。
今、ワタシはどうしているのだろう。
15年後、ワタシはどうなっているのだろう。
いや、出所したとしてもワタシを探すのは難しいかもしれない。
私はもっと毎日を楽しく過ごせたはずだ。あんな退屈な日々でも。
あのときに、あんなことさえ起こらなければ……。
もっとあいつのことを疑っていれば……。



「いってきま~す」
私は家を出た。
8:00の電車に乗らなければ遅刻してしまうので駆け足で駅まで急ぐ。
少し寝坊もしたし、本当に急がなければならない。
今日は連休の前の金曜日。こんな日に遅刻して、先生に叱られるのは気が滅入る。
まぁ、連休は家族で私一人何も予定がないんだけど…。

プシュー

なんとか電車に間に合った。
今日も混んでいる。

(痴漢とか出ないよね…?)

(そろそろ寒くなってきたかなぁ…)

(連休中は、家に一人だけど、どうしよう…。隆も部活だって言ってたし……)

そんなことを考えながら朝の時間は過ぎていった。


なんとか遅刻せずに登校できた。
授業をしっかりと受け、昼ごはんを隆と屋上で食べ、また授業。
そういった何気ない一日が過ぎていった。
今日も一日が終わった。
私の一日は、学校でほとんど終わる。
家では家族であまり会話しないから……。

私の名前は宮下由奈。高校一年生。
家族は、医者の両親と大学生の兄。
三人とも、私にとっては雲の上のような存在。
私も一応は進学校に通ってはいるが、到底敵わない。
まぁ、病院は私が継ぐわけじゃないし、裕福な生活だと思うし、今の家族関係に不満はない。
暇だということを除けば。

今日も、そんな暇な一日。
隆は部活で一緒に帰れないそうだ。
なんだか近頃、倦怠期ってやつかな…?
付き合い始めて三ヶ月。
一応、することはしているが、最近はご無沙汰。
一緒にいると楽しいんだけど、何かが違う。
あ~あ、本当に暇!

そんなことを思いながら、駅から家までの道を一人で歩いていた。
あたりは少し薄暗くなってきていた。
少し速く歩こう。

私は少し足を速めた。
住宅街の四つ角に差し掛かったそのとき、急に男の人が飛び出してきた。
危ないっ…!!
そう思ったけど、間に合わなかったみたい。
私とその人はお互いに頭をぶつけた。
二人は道に倒れる。



頭がクラクラする。
本当に痛い。
私も石頭のつもりだったけど、向こうも相当な石頭だったみたい。
「イタタタ……大丈夫ですか…?」
目もまだ閉じたままだが一応、相手のことも気にしてみる。
最初から相手を責めては駄目だと思ったから。
でも、何か違和感を覚えた。
なんだろう…?
何かいつもと違うような……。
でもとりあえず、目を開く。

目の前にいたのは、私と同じ高校の制服を着た髪の長い女の子だった。
(あれ、ぶつかったのは男の人だったような…?)
地べたに尻餅をついているのでスカートの中が丸見えだ。
(白か。今日の私と同じね…)
身体を見ると、髪が肩までかかっている。
黒くて綺麗な髪だ。
胸もそこそこあるようだ。
(私と似てるなぁ~)
顔を見る。
整った顔立ち、綺麗な目、綺麗な肌。
(かなりの美少女ね……)
その子をじろじろと観察していた私だったが、ようやく頭がはっきりとしてきたようだ。
なんだか目の前の女の子に見覚えがあるのだ。
でも……
(あれ……なんで……?)
私の目の前にいたのは、私だった。

天魔王 最終話「支配」



私は扉を勢いよく開いて、会場に入った。
会場は、いきなりの大きな音に一瞬にしてシンとした。
そして、私の姿を見るなり、何やらざわめき始めた。
そんなものを気にもせず、私はスタスタと歩いていった。
このカラダの父親、クライスの元へ…。

クライスは青ざめた表情をしていた。
「そ、そなたは……ソフィアなのか……?」
白い翼を持ち慈悲に満ち溢れていた娘が、
黒い翼を持ち禍々しい魔力を纏っているのだから当然の疑問だろう。
さて、三文芝居でも始めるか。
「えぇ、お父様。
 私はもちろんソフィア本人です」
「そ、その姿は一体…?」
「これですか…?
 これは、私のカラダを魔王ガレス様に捧げた証拠です。
 魔族の力って、本当に素晴らしいですよ……」
背中の黒い羽を動かしながら、答えてやる。
一方、私の答えに対し、クライスは何かを感じ取ったようだ。
「貴様……魔王ガレスだな……!?
 ソフィアの身体を乗っ取ってどうするつもりだ…!!」
さすがは天使族の王だ。
私に気づくとは、馬鹿ではないらしい。
「フフ……お父様、そんなこともわからないんですか?
 天使族の王女ソフィアと魔王ガレス、
 双方の魔力は他の追随を許さないほど強大でした。
 それが融合した結果が、今の素晴らしい私の姿です。
 この力で世界を変えようと思いましてね……」
まぁ、端的に言ってしまえば世界制服だ。
私の好きなように世界を変えてやる。
それが私のやりたいことだ。
「そんなことに、ソフィアの身体を利用されてたまるかぁ…!!」
クライスの手が輝く。
私に対して攻撃性の高い天術を放とうというのだろう。
自分の娘のカラダといえども、利用されるくらいなら容赦はしないようだ。
「消えろ!!魔王…!!」
光が私に放たれた。



光が収まった。
「フフフ……お父様、どういうおつもりですか?
 実の娘である私に向かって攻撃するなど……」
私は傷一つついていない。
「な、なぜだ……!?
 いかに魔力が強大であろうと、この距離で先ほどの天術を喰らえば…!?」
クライスはさらに青ざめる。
さっきから表情が変わってばかりで、面白いやつだ。
種明かしをしてやろうか。
「何も不思議ではありませんわ。
 私が傷ついていないのは、クレフ様の能力のおかげです。
 先ほど私の自室で、クレフ様からこの能力を頂きましたの…」
「そ、そんなことが……?
 ならば、貴様は不死身になったというのか…!?」
「そうです、お父様。
 さらに私たち天使族は若い時期が長くて、寿命もおよそ1000年と長い。
 これからは、天使族と魔族の両方の力を持ち強大な魔力を持つ私、
 天魔王ソフィアが世界を支配する時代です。
 そのために、お父様は邪魔ですね……。
 私、自ら殺して差し上げますわ」
私は腕を掲げた。
白くて細いソフィアの腕を。
そこに、黒い魔力が凝縮されていく。
会場にいた天使族もこの魔力に身の危険を感じたのか、我先にと会場から出て行く。
どうせ、後で消滅する運命なのに無駄なことを…。
だが、クライスだけは腰を抜かし、その場にいた。
なんとも情けないやつだ。これで天使族の王とはな。
「それでは、お父様、お別れです。
 今まで私を、このカラダを育ててくれたことに感謝いたします。
 では、さようなら………」
魔力の塊をクライスに向かって放った。




魔力の塊は、クライスそのものを消滅させた。
天使族の王は死んだ。
そうなると、一応、王位継承権のあるソフィアが王になることができる。
そう、私が。
名実共に天使族・魔族の頂点に立つわけだ。
「フフフ……ハハハッ……ハハハハハハハッ……!!!」

その後、天使族の城に魔族が押し寄せてきて、城下町とともに魔族に襲われた。




それから三年後

私は今、天使族の城、オース城を改築して造った魔族の城の玉座に腰掛けている。
もちろんカラダはソフィアのままだ。
寿命が尽きるまで、このカラダを利用してやろう。
まだあと800年は持つだろうしな。

「ソフィア様、東方の反乱を鎮圧して参りました」
「そう、呆気なかったわね…ご苦労、さがっていいわよ」
東方軍の団長が敬礼して、さがっていった。

私は、あの後、天使族や人間族を弾圧した。
圧倒的な私の力に敵う者はなく、一年もたたないうちに世界は私のものになった。
簡単すぎた。私はもっと楽しみたかったのだ。
最近は、そういう考えが以前以上に増してきたので、少し遊んでいる。
人間族の反乱軍に、人間の女として潜り込み、首謀者に対して反乱を促すのだ。
黒い翼と魔力さえ隠せば、私は人間と区別がつかない。
それを利用して、ソフィアの美貌と色香で男を惑わすのだ。
私がベッドの中で「お願い……」と頼めば、
男たちは簡単に引っ掛かって、反乱を起こしてくれる。
その反乱を我が軍で潰す。
これが実に面白い。

「さて、次はどこで反乱を起こさせようかしら……」
そう考えていると、扉が開いた。
入ってきたのは、17歳くらいの美少女。
翼は天使族のような翼だが、色は黒い。
そして、着ている服もソフィアのものと似ていた。
「お母様、ただいま戻りました」
「お帰りなさい、マリア。
 どう、楽しめましたか?」
彼女の名はマリア。
クレフとの性交で私が身ごもった子だ。
マリアは人間族・天使族・魔族、全ての種族の力を持っている。
ゆえに、三年の間に急成長した。
私が教育したおかげか、その心は闇に染まっていた。
およそ勇者クレフの子とは思えぬほどに。
私の軍でも私に次ぐ力を持っており、かつてクレフに語った通り、今や私の右腕だ。
「はい、お母様のおっしゃった通り、人間族の男は馬鹿ですね。
 私が少し色香を使えば、簡単に堕ちました。
 あの街全体がもう私の虜です」
「そう、十分に楽しんできたようね。
 それじゃあ、次は南方に一緒に行かない?
 姉妹として入り込んで、また反乱を起こさせるの……」
「お母様と姉妹ですか…?
 フフフ…とっても楽しそうです……」
「それじゃあ、早速行きましょう…」
私はマリアを連れて南方の町で向かった。


ここは反乱を企てているレジスタンスの基地。
リーダーの自室のベッドの中で、胸を当てて、左手で男のペニスを擦りながら耳元でこう囁いてやった。
「ねぇ……私の国を解放して……お願い…、あなただけが頼りなの……」
男は、興奮したのか私に覆いかぶさって、ペニスを私のオマンコに入れていた。
(こいつも堕ちたな……。
 まだあと数年はこの遊びが続きそうだ…。
 ハハハハハハッ……)




やっと書き終えました。
二月になってからは身体の調子があんまり良くなかったので……。
まぁ、風邪とかインフルエンザとかを防ぎようのない職場なんで仕方ないですが。

次は中年と女子高生の入れ替わりを書きます。
これもダークなものです。

天魔王 第六話「強奪」



ソフィアがクレフの上に馬乗りの体勢で乗り掛かっている。
「さぁ…私と一つになりましょう……」
ソフィアはそう言うと、クレフのモノを握り締め、自分の秘所にあてがった。
「いきますよ……」
「やめっ……くっ……」
ソフィアの白く細い手に握られたクレフのモノがソフィアの秘所に挿入された。
「あっ……あぁぁぁんっ……!
 クレフ様の…おっきぃ……
 奥まで、届いてますぅ………あぁんっ…」
ソフィアは挿入したばかりだというのに、嬌声をあげる。
「もっと…もっと奥まで、いっぱい突いて下さいっ…!
 ああぁんっ……あああんっ……!!」
ソフィアはさらに速く腰を振る。
「くっ……あっ……」
クレフも精一杯我慢しているようだった。
(くそっ……このままじゃ……。
 しかし、これが王女の……なんて気持ちよさだ……)
しかし、その我慢もこの快感の前に崩れかけていた。
そのクレフの感情もソフィアは読んでいた。
「フフッ……私のココ、気持ち良いですか…?
 これからもっと気持ち良くしてさしあげますよ……」
「くっ……」
(これ以上だって…?
 もう、もたない……)
クレフは限界が近づいていた。
ソフィアは、それをも見越してさらに速度を上げる。
「あっ…あっ…ああっ…!
 そ、そろそろクレフ様も限界みたいですね…んっ…!!
 最後の…あっ……仕上げと…いきましょうか……」
ここまで来ると、もうクレフには抵抗する気力がなくなっていた。
すでに無言で、ソフィアの動きに合わせていた。
「さぁ……クレフ様の精液を…私のオマンコに注いで下さい。
 たっぷりと……その能力と共に……」
ソフィアの口が歪む。
邪悪な笑みだった。
「あっ、あっ、あっ、あああっ…
 一緒に…ああぁんっ……、イキましょう…あああぁぁぁんっ……!!」
「く、くそっ……くそぉぉぉぉっ………!!!」
「ああああぁぁぁぁぁぁぁんっ………!!!」


クレフのモノからソフィアのオマンコへと精液が注がれた。
それは共に、能力の強奪をも意味していた。
「あぁぁん………。
 とっても気持ち良かったですよ…クレフ様。
 あと、能力も頂いてありがとうございます」
意識はあるものの、クレフは無言だった。
自らの敗北を悟ったのだろう。
「これで、私は世界を支配できるでしょう。
 まずはこの城にいる天使族の抹殺して、
 私が王位に就くとしましょうか…」
ソフィアは服装を整えると、今後のことについて語りだした。
確かに、この魔力に加えて、クレフの能力をも手にしたソフィアに敵う者はいないだろう。
天使族と人間族は、いやこの世界はもう駄目かもしれない…。
そんな思いでクレフは臥せっていた。
「あぁ……あと、さっきのクレフ様の精液で、
 ちゃんと妊娠するようにしておきますからね。
 クレフ様と私との子どもは、天魔王の右腕になれるように、しっかりと教育しますから、
 安心してください」
ソフィアはそう言い残して部屋を出て行った。
もうクレフには興味もないのだろう。
クレフは数十分後、部屋になだれ込んできた魔族によってその生涯を閉じた。


ソフィアは、禍々しい服装のまま、廊下を歩いていた。
「さて、これで私の覇道を邪魔する者はいない」
ソフィアの向かっている先は魔王討伐成功のパーティー会場。
そこにはソフィアの父で、天使族の王クライスもいる。
「父親を殺す娘……。
 闇に身を染め、堕ちた天使族の王女か……クククッ…。
 面白い…しばらくはこのカラダの口調を通していくとするか…」
そして、ついに会場の入り口に到着した。
ここに着くまでに出会った兵士などは一瞬にして消してやった。
この扉の前にいた者も同様だ。
しかも魔力を感知されないように工夫して。
すべてはクライス王との対面という余興を楽しむため。
「さて、お父様にご挨拶といくかな……」
ソフィアは扉を開いた。


天魔王 第五話「虚偽」


魔王がソフィアのカラダを乗っ取っり、天魔王となった瞬間、
パーティー会場にいたクレフが何かを感じた。
(な、なんだ…?この強大で禍々しい魔力は……)
(しかも、この城の中から…?)
城の内部でいきなり大きな魔力が出現したとあっては、放ってはおけない。
そう考えたクレフは王にひと言告げて、会場を去った。


一方そのころ……
天魔王ソフィアは淫靡な姿で廊下を歩いていた。
「さて、ここからどうやってクレフのやつと……んっ?」
考え事をしていると、あの忌まわしいクレフがこちらに近づいてきているのがわかった。
「そうか……私の魔力を感知したか……。
 まてよ…これは好機だ…」
そう言うと、ソフィアは淫靡な服装から、呪文一つで
今までの『ソフィア』が着ていた白いドレスに服装を変えた。
「さて、これで魔力を断てば、やつを罠にはめることができるな……。
 さぁ……早く来るのだ……」



クレフは廊下を走っていた。
「この魔力はどこからくるんだ…?」
魔力のする方に向かって、一目散に走り続けた。
すると、ぱっと魔力が途絶えた。
「何…!?あんなに強大な魔力が消えただと…?
 いや、しかしおおよその位置は掴めている。
 そこに向かえば、手がかりくらいは…」
クレフが向かった先は、王や王女の寝室があるエリア。
「王族を狙った魔族か何かか…?」

そして、先には寝室しかない角を曲がると、そこにはソフィア王女がいた。
「ソフィア王女!!
 大丈夫でしたか!?」
「何のことですか?クレフ様…?」
王女を見ても、怪我はしていないようだ。
そうすると、余計な不安は与えない方がいいとクレフは考えた。
「いえ、何でもありません……」
「そうですか……。
 あぁ…それと、クレフ様、私あなた様にお願いがありますの……。
 一緒に私の部屋まで来てくださいませんか…?」
王女の言葉に対して、クレフは考えた。
(この近辺にいたことは確かだ…。
 となると、王女を守るためにも一緒にいた方がいいかな…)
「わかりました。ご一緒させていただきます」
「まぁ、ありがとうございます。
 それでは、こちらへどうぞ……」
クレフはソフィアと共に部屋に入った。
二人が入った後、部屋の扉に自然と鍵がかかった。


「それで、私に願いとは…?」
クレフがソフィアに問いかける。
もっともだ。それをきっかけにして部屋に入れたのだから。
「えぇ……少し、恥ずかしいことなのですが……」
ソフィアはクレフに伝えるのを迷っているかのようだ。
「何でも言ってください。
 出来る限り、ご協力致します!」
「そうですか…それでは…!!」
とたんにソフィアの目が輝いた。



「な、身体が動かない…!?
 どういうことです!ソフィア王女!!」
クレフは自分のされたことが理解できていないようだ。
ソフィアに問い詰める。
「いえ、簡単なことです。
 私の願いを聞いていただくために、動けなくしただけです」
「動けなく…!?なぜ…?
 そ、その瞳は…!!」
ソフィアの瞳は深紅に輝いていた。
そう、これこそ魔族の証。
「なぜ、王女の瞳が深紅になっているのですか!?」
「フフフ……まだ気付かないんですか…?
 私が今どういう存在なのか」
クレフはソフィアから魔力を感知していた。
しかし、どうように天使族としての力も感じ取れていた。
(一体、どういうことだ…?)
「わからないなら、教えてあげましょう…。
 クレフ様が倒された魔王はかりそめのカラダに過ぎません。
 では、本体はどこに行ったのか……?
 もう、お気づきですよね…?」
クレフの顔が青ざめる。
考えたくないことが、真実だと感じ取ったからだ。
「ま、まさか……王女の体にいるのは……」
「そう、私、魔王ガレスだ」
ソフィアは先ほどまでの口調から変えて、勇者の問いに答えた。
「このカラダは素晴らしい…。
 私に勝るとも劣らないほども魔力を秘めているし、
 天使族だから基本的に事故や病以外では不老不死だ。
 それにこの美しさ……すべての者が私にひれ伏すだろう」
「魔王ガレス……!!!」
クレフの顔は怒りに満ちていた。
当然だ。倒したはずの者が、自らの妃となる者の身体を奪ったのだから。
「その名は今の私には相応しくないな……。
 よかろう、お前には私の姿を見せてやろう」
そうソフィアが言うと、ソフィアは闇に包まれた。



数秒後、晴れた闇から出てきたのは先ほどのドレスとは違う姿をしたソフィアだった。
「どうだ…?
 これが今の私の姿だ。
 天使族でもあり、魔族でもある。
 両方の力を持ち、その頂点に君臨する王、天魔王ソフィア。
 それが今の私の名だ……」
ソフィアの独白を聞いてもクレフの顔は晴れない。
より一層、怒りがにじみ出ていた。
しかし、内面は静かに状況を見極めようとしていた。
さすがは勇者と讃えられる者である。
(黒い翼に、深紅の瞳……ソフィア王女の身体を魔王が乗っ取ったのか…!?
 確かに計り知れない魔力だ。
 以前の魔王とは比べ物にならない。
 ん…?では、私に願いとは一体……?)
「ふ……私がなぜお前をこの部屋に入れたのかが気になっているようだな…?」
「う、うるさい!!王女を返せ!!」
口ではそう言いつつも、心の中を読まれたクレフは焦っていた。
「簡単なことだ。
 このソフィア王女のカラダには、ある能力が隠されていてな」
「ある能力だと…?」
「そう、このカラダには、『性行為を行なった相手の力を略奪する』といった能力があるのだ」
「な、何…!?」
「驚くのも無理はない。
 こんな能力は魔族向きだ。
 それを天使族が持っているとは、私も驚いたさ」
クレフは頭の中が真っ白になっていた。
魔王が生きていたことだけでも驚きなのに、王女の身体を乗っ取って、
さらに王女には稀有な能力が備わっていたということに驚愕していた。
「さて、それで私の目的がわかっただろう…?」
「ま、まさか…私の能力を……?」
「そのまさかだ。
 お前に能力は始末に負えん。
 しかし、自分のものとしてしまえば、これ以上ない力となる。
 さぁ……始めようか……」
言い終わると、ソフィアは魔法でクレフの身体を空中に持ち上げ、
ベッドに落とした。
まだクレフは動けないようだ。
そして、ソフィアがベッドに上がってきた。
「く、くそ…!
 やめろ……やめろぉぉ……!!!」
「はははっ……いくら足掻いても無駄だ。
 今の私の魔力からは逃れられん」
「そうだな…お前の妃となるはずだったカラダだ。
 雰囲気を出してやろう……」



「さぁ……クレフ様……私と愛し合いましょう……」
ソフィアは再び口調を変えた。
「やめろ、王女を冒涜する気か…!!」
「いいえ…私はソフィア……貴方の妃です……フフフ……」
「くそぉぉおおおっ…………!!!」
ソフィアがクレフに身体を密着させた。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。